血管の異常吻合|逆流性食道炎を改善しよう:生薬が簡単に飲める方法

逆流性食道炎を改善しよう:生薬が簡単に飲める方法

医師

血管の異常吻合

病院

発症した際の注意点

先天性疾患のひとつに挙げられる「脳動静脈奇形」は、脳にある血管の動脈と静脈が異常吻合を生じている状態の病気です。異常吻合とは、直接繋がっている状態を意味する言葉であり、この場合は脳にある動脈と静脈が直接繋がっている状態を表しています。脳動静脈奇形を発症した場合には、以下のことに注意する必要があります。先ず、脳動静脈奇形を発症した時には、血管が破綻しやすい状態であることから、頭蓋内出血・脳出血・くも膜下出血などを引き起こすリスクが高まります。そのため、出来るだけ早い段階で発見し治療を受けることが重要です。また、けいれん発作が原因で脳動静脈奇形を発症するケースもあることから、けいれん発作にも注意が促されています。その他、脳が血流不足になって生じる認知機能の低下・精神症状・頭痛・手足の麻痺にも注意を払う必要があります。

若い世代に多い出血

脳動静脈奇形の発症率は、約10万人に1人と言う非常に稀な疾患です。しかし、発見が遅れたり放置してしまうと重篤な疾患を引き起こすリスクがあることから、早期発見と早期治療が重要視されています。脳動静脈奇形は、発症後、20代〜40代と比較的若い世代で出血してしまうケースが多くみられます。若くして脳出血(特に脳葉出血)やくも膜下出血を発症した場合には、脳動静脈奇形が起因しているものと考えられます。近年では、脳動静脈奇形には積極的治療が施されるケースが増加しています。脳動静脈奇形における治療方法は、目的が頭蓋内出血や再出血予防としている場合(開頭手術・血管内治療・ガンマナイフ)と、けいれん発作のコントロール(投薬)が挙げられます。基本となる治療方法は、異常吻合部であるナイダスの全摘出と血管内治療と言われていますが、それらは放射線治療や手術の前処置として施されることも多々あります。脳動静脈奇形の治療や手術には、複雑な技術を要する上にリスクが高いことから、最良の治療方針を慎重に検討します。段階的な治療を施すことも多く、場合によっては治療しないと言う選択肢が選ばれることもあると言います。